実践空手 白蓮会館 和歌山支部 田辺道場の紹介

空手で培うこと

  • HOME »
  • 空手で培うこと

実践空手 白蓮会館 和歌山支部 田辺道場で培うこと

1.基本を学ぶこと

白蓮会館カラテの特徴は、突きや蹴りを捌いて反撃する剛法、投げをうったり関節の逆を取ったりする柔法、それに身体を整える整法の三法からなるが、道を学ぶにはまず基本を反復し熟達することが必要である。先輩の素晴らしい蹴り技を真似てみたり、いきなり組手をしたりしてはいけない。英語でいうならA、B、Cから始めるように系列だてて順序よく稽古すれば自然に身体・手足が動くようになり、機に臨み変に応じることができるようになるのである。特に初心者は、道場で元気よく挨拶をすることや、履き物をきちんと揃えるといった練習をする前の心構えから入らなければならない。またケガをしないためにストレッチを重視し、素晴らしい高度な蹴り技や技術を身につけるためにも柔らかい身体をつくることから始めよう。
長年空手をしている中で、スランプに落ちいる時もある。そういう時は基本からしっかりやりなおせば克服できるものである。道場稽古で時間に遅れて来たり、基本をとばしてスパーリングだけ参加したりするのは、ほめられたものではない。

2.理を知ること

昔はフルコンの技術が発達していなくて、例えば富士山の項上をめざすのに、裏道を行ってしまったり、道に迷ったり、項上をめざすのにずい分無駄な稽古と時間を費したものだ。その当時はきつい稽古をすれば強くなるという発想であった。だが今は昔とちがう、先人たちの試行錯誤の努力の介あってフルコンの技術もビデオや雑誌等、又各地域で新人戦や交流試合が開催され、情報が非常に早く理論的で合理的な練習に変わっている。ともあれ、フルコンをはじめられたみなさんは、五合目までは簡単に行け、その後頂上をめざすのはみなさんの努力次第であろう。ともあれ無理や無駄、そしてケガをしないよう練習すべきである。

3.数をこなすこと

一人でコンビネーションを組み立て、リズムにのってシャドーを行うのも稽古の一つであるが道場で稽古している人々は体格の違いやパワーのある人、スピードのある人などそれぞれ特徴のある人が集まっている。特に逆技は相手によって手首の太い人、粘い人、力の強い人、いろんな人がいる。力三分、技術七分といわれるこの技術は 「コツ」を会得する以外に上達することのできないむつかしいものである。であるから、いろんな人と数多く相対稽古をすることが大切である。そして上達しようと思うならば、人の何倍かの努力と根気と忍耐が必要であり、凡人を非凡にする唯一の道である。

4.修行を片寄せぬこと

年齢的にも元気のある時期は、どうしても突き蹴り主体の剛法系に力を入れ、組手を重視して手首関節や肘関節の逆を取る柔法は痛いがゆえに稽古内容としてはあまり重視しない。逆に年配者は突いたり蹴ったりすることが体力的に無理がきかないので逆技主体の柔法系にこだわりがちである。
要するに望ましい稽古とは「剛柔一体」すなわち剛法と柔法をバランス良く稽古することである。組手についてもウエイトトレーニングを重視しすぎて道場稽古にあまり参加しかくなったり、またその逆もある。パワー増強や筋力トレーニングそしてけが防止や試合場での陰の力となってくれるのが、フルコンタクトカラテにおけるウエイトトレーニングである。我々はボディービルダーを目指すのではない。何kgを挙げるからスゴいとか、それが組手の強さにつながるとは思えない。カラテをする者ならば、カラテに役立つウエイトトレーニングを行うのが望ましい。

5.継続は力なり

何事において忍耐は必要である。カラテは高度な技術と奥深い内容を持つ道であるから休まぬようにして練習しないとなかなか会得できないものである。特に初心者は、多少のつらさはあっても階段を一歩一歩昇るように挫折しないようコツコツと練習するよう心がけることが大切である。
素質のある者が月に一、二回道場に釆て稽古したり、試合前にだけ練習をつめたりするのは、修業という意味からは掛け離れており、そのメッキはいつかは、はがれてしまうのである。
修業を続けていく中で人にはいろいろな障害や受験や就職、そして結婚等の転機があるがそれらを乗り越えて修業していれば必ずカラテをやっていてよかったと思う時があるはずである。

 

幼年・年少部

礼儀作法等の精神面及び体力の向上を目的とし、いじめない、いじめられない武道教育を取り入れており、ジュニア大会出場も可能です。

女子・壮年部

健康増進、シェイプアップと護身を中心として、いい汗をかきストレスを解消してもらいます。

一般部

空手修行において最も大切な基本技術を学び、正しい「突き」「蹴り」「受け」を修得します。 また、上級になりますと「サバキ」「組手練習」で実戦感覚を養い定期的に開催される「新人戦」「地方大会」「全日本大会」等で自分の力を試すことができます。

パビリオンシティすぐそば TEL 090-8821-9859

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 白蓮会館 和歌山支部 田辺道場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.